2018年11月14日

【カヤの木の大木伐採 倒木の危険考慮・真庭市後谷】

カヤの木6.jpg

真庭市後谷の安信集落のカヤの木が10月27日、業者によって伐採された。

カヤの木3.jpg

荒神様に生えた推定樹齢250年のカヤの木(高さ約22b)は、地元住民に長年親しまれてきた御神木だが、毎年落葉が多く、昨年には太い枝が折れるなどした為、倒木の危険を考え、伐採を決めた。
カヤの木4.jpg

20日には、後谷神社の上田昌信宮司が、氏子と共に、御神木を祓い清める神事を行った。

伐採は、特殊な高所伐採を得意とする有限会社津田木工所(真庭市向津矢)が請け負い、クレーンを使って枝や幹を吊り上げながら、少しずつチェンソーで切り落とした。

カヤの木5.jpg

囲碁や将棋盤として利用されることが多いカヤの木は、11月5日、真庭木材市売株式会社(真庭市富尾)に出品され、根元の木(切り口直径が72p、長さ4b)を含む3本で約100万円で競り落とされ、四国の専門業者に引き取られた。

カヤの木1.jpg

住民の代表は「皆さんの協力を得て安全に伐採でき、とても感謝している」と話している。

カヤの木2.jpg
posted by 真庭タイムス at 20:08| Comment(0) | 広告

【園児が銀沫(ぎんしぶき)の収穫体験・今年初めて園の畑で栽培】

富原保育園.jpg
富原保育園の畑に植えた、勝山特産のやまのいも「銀沫」が収穫時期を迎え、5日、園の4・5歳児11人が収穫した。

地元で栽培している芋を園児に知ってもらいたいと、この春、「かつやまのいも生産組合」の綱島孝晴組合長(64)=真庭市岩井谷=が、園の畑に植えることを提案。ジャガイモやスイカなどを植えている畑の一部に5月、園児が種イモ(約30c)を植えた。

園児は、夏の暑い時期の水やりや、草取りなどを行いながら収穫を楽しみにしていた。
収穫体験では、園児が4mほどの畝に手袋をはめて並び、ゆっくりと土を掘りながら、20p(約300c)ほどに成長した芋を次々に掘り出した。

園では、給食やおやつに、調理して食べることにしている。
posted by 真庭タイムス at 20:01| Comment(0) | 記事

【広告】タイヤ館真庭

Tタイヤ館真庭291201.out.jpg
posted by 真庭タイムス at 19:56| Comment(0) | 広告