2017年11月17日

活発な意見次々と・旧落合振興局跡地の利活用話し合う

垂水向津矢01.jpg
垂水向津矢住民会(小林淳一会長)は15日、旧落合振興局の解体後の跡地利用について、住民から意見を募る「落合まちづくりワークショップ」を、落合総合センター会議室で開催した。

昭和42年1月に落合町庁舎として建設され、真庭市合併後は、落合振興局として使われてきた庁舎(鉄筋コンクリート造、地下1階・地上3階、敷地面積1805u)は、約600b南西に新築した、落合総合センターに平成28年4月、全機能を移した。

現在使われていない旧庁舎について市は、財産活用課や総務課、落合振興局などでつくる「旧落合振興局跡地利用推進プロジェクトチーム」(14人)を昨年12月に立ち上げ、解体方法や跡地活用方法について検討。平成30年年度中に、旧庁舎と北側立体駐車場の解体撤去を計画している。

ワークショップには、住民会理事や自治会長、商工会、消防団員、高校生など約50人が出席。8グループに別れて利活用方法について話し合った。

垂水向津矢02.jpg

参加者からは「農業をしたい人に畑として貸し出す」「住民が集まる防災機能を持った公園」「ママ友やバスを待つ高校生が利用しやすいカフェを作り、落合の観光拠点に」「更地にして必要に応じて使う」「だんじりを展示して集いの場に」などの意見が出された。
住民会では、今回の意見をまとめ、今後の活用につなげていく。
posted by 真庭タイムス at 16:53| Comment(0) | 記事

【広告】新そば香りよし・そば処 やま田

IMG_20171117_135452.jpg

真庭市草加部で毎週金・土・日曜日限定で営業している「そば処 やま田」で、17日から今年収穫した新そばの提供が始まり、待ちかねたファンが、さっそく香りのいい手打ち蕎麦を堪能した。

IMG_20171117_135005.jpg

店主の山田さんは、地元高校を卒業後、東京の大学へ進学。就職してから営業職で各地の蕎麦を食べ歩き、趣味で、蕎麦打ち教室に約3年間通った後、定年を期に帰郷し、休耕地になっていた実家の畑で高校時代の仲間と一緒に蕎麦を栽培している。

2013年6月には実家を改装して「そば処やま田」(真庭市草加部)をオープン。
翌年のテレビ朝日「人生の楽園」出演をきっかけに、県外からも足を運ぶファンが増えた。

また昨年は、店主と同じ大学の野球部で先輩だった元野球監督・星野仙一さんも訪れ、親交を深めた。
そば処山田3.jpg

営業時間は、午前11時〜14時。
問い合わせは、0867−42−0727まで。

IMG_20171117_135445.jpg


タグ:そば 新蕎麦
posted by 真庭タイムス at 15:15| Comment(0) | 広告

2017年11月16日

白ネギ共同選果場開所・市北部と南部でリレー出荷

白ネギ選果場.jpg

白ネギ生産者の出荷作業の負担軽減などを目的に9日、旧久世ライスセンター(真庭市中島)に、JAまにわ白ネギ共同選果場(400u)が開所した。

開所式にはJAまにわ関係者や生産者の代表、作業員ら約40人が出席。選果場で神事を行い、開所を祝った。
主催者を代表し、真庭農業協同組合・薬師寺眞人代表理事組合長が「白ネギは比較的生産しやすく収益率も高い。これからも生産者と力を合わせて、生産の拡大に努めたい」とあいさつした。

軽量で作業しやすく単価が安定している白ネギは、現在、JAまにわ管内での北部地域に「JAまにわ白ネギ部会協議会」(野口眞会長、14戸)、南部地域に「JAまにわ南部白ネギ生産組合」(中山克己組合長、27戸)の2組織が、計7.2fで栽培している。

栽培地域の気候差を利用し、北部は8月下旬から11月にかけて、南部は10月から翌年2月にかけてリレー出荷する体制を整えた。

選果場では、畑から持ち込まれた白ネギを根切りして長さ57pに揃えたり、皮むきを行い、サイズなどの規格に分けて箱詰めし、JAまにわを通じて、岡山市内の市場へ出荷される。

白ネギ選果場2.jpg
タグ:白ネギ
posted by 真庭タイムス at 15:10| Comment(0) | 記事