2022年02月04日

【香ばしさ味わえる「えび餅」販売・ひるぜん農園】

えび餅.jpg

真庭市蒜山下福田のひるぜん農園では、今年から本格的に、甘エビの粉末を加えた「えび餅」の販売を始めた。

エビ餅は、紅白餅として祝い事などに利用されることが多く、ひるぜん農園では、蒜山産ヒメノモチに、焙煎した日本海の甘エビ粉末を加えて加工している。

エビ餅本来の香ばしさが味わえ、焼いたり、お雑煮などにしても美味しい。白餅とセット販売も行っている。購入はインターネット通信販売や電話(0867−45−0087)で受け付けている。
posted by 真庭タイムス at 00:00| Comment(0) | 記事

2021年12月03日

【新庄村 冬のふるさと小包・申込み受付中】

新庄村.jpg

新庄村は村の産品をセットにした「冬のふるさと小包」の申し込みを、12月3日㈮まで受け付けている。

セット内容は、白餅(10個入り)2袋・豆餅・サルナシジャム・手作り味噌・新庄ささ茶の5点。価格は4000円(送料込み)。12月17日㈮に発送する。申し込みは新庄村役場産業建設課(0867−56−2628)まで。
posted by 真庭タイムス at 00:00| Comment(0) | 記事

2021年12月02日

【壁に掛ける花束づくり・女性15人が講師から学ぶ】

生涯学習講座.jpg

「スワッグ」と呼ばれる壁に掛ける花束づくりのワークショップが、12月2日、湯原ふれあいセンター(真庭市豊栄)で行われ、参加者が楽しんだ。

湯原振興局と湯原公民館が主催し、湯原図書館が共催する生涯学習講座として開催。事前申し込みの15人が参加した。

湿気などの影響もなく、長い間、部屋に飾ることができる造花を利用。フラワーコーディネーターの千後あゆみさん(47)=真庭市樫西=が講師を務めた。

参加者は講師から、工具の扱い方や花の縛り方の説明を受けた後、バラやユーカリ、シダなどの材料を使って、花のバランスを考えながら根元部分をワイヤーで縛ったり、リボンを結んで華やかなスワッグを制作した。

「目より高い位置に飾るので花がきれいに見える角度を考えて」「立体的にするときれいに見える」などのアドバイスを受けながら、ペンチやハサミを使って加工し、作品を完成させた。

友人と4人で参加した小野寿子さん(72)=真庭市江川=は「ワイヤーをしっかりしめるところが難しかったが、自分で作った作品だから満足感がある。玄関に飾って大事にしたい。またこんな企画があれば、ぜひ参加したい」と話していた。
posted by 真庭タイムス at 00:00| Comment(0) | 記事