2018年03月19日

真庭の素材で石けん製造・元地域おこし協力隊の山形さん新事業

石鹸.jpg
2014年から、真庭市地域おこし協力隊として3年間活動した山形彩子さん(41)が、退任後に化粧品の製造や販売を行う新会社「鰍lATSURIKA(マツリカ)」を立ち上げ、3月26日から自然素材を使ったオーガニック石けんの販売を始める。

東京都出身の山形さんは、協力隊着任前に、養護教諭として都立学校などで15年間勤務。当時、生徒から肌の相談を受けることが多く、自身で肌に優しい石けんの成分や作り方を研究した。

真庭市に移住後は、地域の自然に触れながら、体に優しいオーガニック石けんの製造を思い描きながら協力隊として活動。退任後は、真庭市本郷に石けん製造の工房を新築し今年2月、真庭市で初めて化粧品製造業、化粧品製造販売業の許認可を取得した。

工房では、蒜山の塩釜冷泉水や蒜山中和地域に自生するクロモジ、蒜山で採取したヤマブドウ、無農薬栽培したラベンダーを原材料に製造。上質なオイルを40度前後の低温で時間をかけて製造する「コールドプロセス製法」を取り入れ、保存料や合成香料、合成着色料を使わず、手作業で製造している。

蒜山上福田のアロマテラピーサロン「ユキミドリ」と連携し、「MATSURIKA SAVON(マツリカ サボン)・ひるぜんの石けん」シリーズ3商品(▽クロモジ石けん・3980円▽ヤマブドウ石けん・3120円▽ラベンダー石けん・2720円。※いずれも容量75c、価格は税別)として製品化。香りが高く、べたつかず、保水力が高いなどの特徴があるという。

同社では今後、地元のハーブや薬草を使った石けんや化粧品の商品開発にも取り組みたいとしている。
御前酒蔵元辻本店NISHIKURAや、真庭あぐりガーデンのほか、同社のオンラインショップ(http://matsurika.co.jp)、などで販売する。
posted by 真庭タイムス at 17:13| Comment(0) | 記事

2018年03月15日

地域の人に情報提供・湯原温泉病院が出前講座

新庄村.jpg

真庭市国民健康保険湯原温泉病院(下湯原)の医師や看護師が、対象地域に出向いて、病気や健康に関する話題を提供する「出前講座」が7日、新庄村の中町集会所で行われた。

認知症ケア専門士の資格を持つ看護師の湯原温泉病院・西原美佐子さん、中江真理さん、藤原陽子さんの3人が「認知症について」と題して講座を開き、村内の高齢者を中心に集まる「スマイルサロン」の参加者18人が聞いた。

西原さんは「認知症高齢者数は2010年に280万人、2025年には470万人になると言われている。ゲームや新聞を読む、楽器を演奏する、行事に参加するなどして、認知症を予防することが大切。いつもと違うことや心配な場合は、早めに病院を受診してほしい」と話していた。

参加し女性(80)は「認知症についていい話が聞けた。自分のことだから人に迷惑をかけないように、努力したい」と話していた。

講座は、昨年10月から始まり今回で3回目の開催。市北部(美甘、湯原、中和、八束、川上)と新庄村を対象に無料で行われており、10人以上の参加者があれば無料で開催している。

高血圧や心不全、認知症など19項目から講座を選び、開催予定日の2カ月以上前に申し込みが必要。

問い合わせ、申し込みは、湯原温泉病院(0867−62−2221)まで。
posted by 真庭タイムス at 10:39| Comment(0) | 記事

2018年03月12日

道の駅リニューアル・新庄村

新庄村_道の駅01.jpg
1995年に「メルヘンの里 新庄」として開駅し、現在、改修工事が進められている新庄村の道の駅が、4月4日㈬、「がいせん桜 新庄宿」としてリニューアルオープンする。

当日は午前10時からリニューアルオープン記念式典が行われる。
posted by 真庭タイムス at 17:37| Comment(0) | 記事