2018年05月29日

【求人】臨時社員募集

T勝山木材市場300526out.jpg
posted by 真庭タイムス at 18:55| Comment(0) | 広告

食品衛生優秀店・49施設に標識プレート交付

食品衛生.jpg
管内(真庭市と新庄村)の飲食店や菓子製造店など約400店舗が加盟する真庭食品衛生協会(芦田有正会長)は21日、食品衛生優秀店49施設に、標識プレートを交付した。

今年3月、管内7地区を管轄する指導員が、各店舗を巡回し、設備などを細かくチェック。営業許可証や責任者プレートの掲示、厨房や工場内の整理整頓、冷蔵・冷凍庫内の温度計の設置、床の清掃状況などを採点し、100点満点から不備に応じて減点した。

88点以上だった店舗を優秀店として認定し、芦田会長(62)が、緑色の標識プレート(B5サイズ)を店舗の責任者に手渡した。

平成29年度は、県内で22件の食中毒が発生。真庭保健所管内でもノロウイルスによる食中毒が、4件が発生している。
posted by 真庭タイムス at 18:52| Comment(0) | 記事

小学1年生に防犯アラーム・マルイグループが寄付募り市へ寄贈

マルイ寄贈.jpg
岡山県や鳥取県にスーパーマーケットを展開する株式会社マルイ(本社:津山市二宮)は、自社が運営する特定非営利活動法人マルイ・エンゲージメントキャピタルを通じて、15日、真庭市に防犯アラーム330個を寄贈した。
マルイ各店で食品などの対象商品1個につき3円(メーカーと生産者、卸業者、マルイが負担)を寄付するキャンペーンを実施。2017年4月から9月末までに、真庭地域で集まった寄付金約20万円を利用し、防犯アラームを寄贈した。

真庭市役所本庁舎教育長室で行われた寄贈式では、マルイ・エンゲージメントキャピタルの春名久美子副理事長が「真庭市の子どもたちの為に役立ててほしい」と話し、真庭市教育委員会の三ツ宗宏教育長に目録を贈呈。教育長は「大切に使わせてもらいます」とお礼を述べた。

防犯アラームは、ランドセルなどに取り付け、危険を感じた際に紐を引くことで、大音量で周囲に危険を知らせることができる防犯装置。真庭市内の21校、304人の小学1年生を対象に配布される。

同社では、これまでも、防犯アラームと図書カードを真庭市に寄贈している。
posted by 真庭タイムス at 18:50| Comment(0) | 記事