2018年05月29日

【12会場で市民の声聞く・市議24人が4班に分かれ意見交換】

議会報告会.jpg

真庭市議会議員(24人)が、議会報告や市民と意見交換する、平成30年度真庭市議会報告会・市民と語る会「ざっくばらんに語ろう」が5月16日から18日まで、市内12会場で行われ様々な課題について市議と市民が意見を交わした。

議員が4班に分かれ市内各地で開催。18日に津田コミュニティハウス(落合地区)で行われた報告会には、市議6人が出席し、参加した地元住民約30人人に「自主防災組織」(総務常任委員会)、「第7期介護保険事業計画・日常生活支援総合事業の課題」(文教厚生常任委員会)、「市道新設・改良評価基準の新設」(産業建設常任委員会)の3点を報告した。

語る会では、参加者が質問や意見を付箋に書き出して、議員が一問一答。

会場からは「県道や市道の整備が進んでいない。津田地区は、真庭市から岡山方面へ行く車が多く通行し、大型車がすれ違えない所も多い」「猿の被害が増え、野菜を作っても食べられてしまう。花火で追い払っているが効果が無い。被害にあっている地域の実態調査をし、鳥獣害対策をしっかりやってほしい」「自動車免許を返納した人を対象に、タクシーを定額で利用できるようにならないか」「旧津田小学校の取り壊しが決まっているが、体育館は多くの人が集まる場所で、取り壊すと災害があった時などに、集まる場所が無くなる。他地域と比べて施設が少ないため、利用頻度が少ないといって全てを無くすと地域が衰退する」「砂防ダムを作って欲しい」などの意見が出された。

参加議員は、住民からの質問に丁寧に答えながら、意見を集約。即答できない件については、後日の返答を約束した。

報告会と語る会は、真庭市議会基本条例の規定に沿って行われ、昨年と今年で計24小学校区で開催。市民の意見を把握し、政策立案や提言、議会改革につなげる。
タグ:真庭市議会
posted by 真庭タイムス at 18:48| Comment(0) | 記事

稚アユ「大きくなって」・旭川に稚魚放流(勝山子ども園)

鮎放流.jpg
自然の大切さや、魚に興味を持ってもらおうと、旭川中央漁業協同組合(三村聚組合長)は22日、勝山こども園の園児を招待し、稚アユの放流を勝山地域で行った。

勝山子ども園の3〜5歳児100人が参加。今年2月から市内の中間育成施設で育てていた稚魚(体長約8p、約7千匹)を、勝山地区の組合役員12人が軽トラックで運搬。漁協担当者が「アユはきれいな水が好きです。川を汚さないようにしましょう」と説明した。

園児は、川岸に並べたバケツを持って川に近寄り、「大きくなってね」と声をかけながら、放流した。

漁協では、解禁までに目木や新庄、月田などの川に合計約6d、100万匹を放流。アユの竿づり漁が解禁になる6月17日には、体長18〜20pほどに成長する。アユ釣年券は1万1880円、日券は、3240円。
posted by 真庭タイムス at 18:45| Comment(0) | 記事

湯原の大会を高校生が応援・トライアスロン大会ゴールを花道に

トライアスロン.jpg
7月22日㈰に湯原温泉周辺を会場に行われる「第5回湯原温泉トライアスロン大会」(同実行委員会主催)に向け、真庭高校久世校地の2年生14人が5月16日、ゴールに飾る花の種まきを行った。

大会は、湯原地域の賑わい創出を目的に2014年から毎年開催。33qと85qのコースを水泳、自転車、長距離走の3種目で駆け抜ける競技に、毎年多くの選手が参加している。

ゴール地点に敷かれたレッドカーペット両脇(約15b)には毎回、40個のプランターを並べて花道を作り、選手の完走を祝福。これまではホームセンターなどで購入した花を設置していたが、今年は地元の高校生にも開催に関わってもらい一緒に大会を盛り上げてほしいと、実行委員が同校に花の栽培を依頼した。

生物生産科草花類系の生徒が協力。この日は、実行委員のメンバー2人と一緒に、サルビアとマリーゴールドの種を、小さなトレイにピンセットを使って慎重に植えていった。

今後は、水やりや追肥などの管理を生徒が行い、2週間ほどでポットへ移植。7月上旬には、プランター(60p×20p)に植え替え、大会前日に会場に届ける。

種を植えた生徒(16)は「湯原温泉には、足湯などによく入りに行くが、トライアスロン大会のことは知らなかった。今日植えた花を愛情を込めて世話をし、大会できれいな花を選手に見てもらいたい」と話していた。

久世校地では、農業に関する基本的な知識や技術を身につけるために、春にはサルビアやマリーゴールドなど約20品種、秋にはパンジーやビオラなど約10品種の鉢花を年間約2万本栽培。文化祭や「ふれあい市」で販売している。

YUBARA-TRIATHLON-2018 - 湯原温泉トライアスロン大会公式サイト
https://www.yubara.biz/
posted by 真庭タイムス at 18:39| Comment(0) | 記事