2018年05月08日

交通安全に役立てて・トマト銀行が横断旗など寄贈

横断旗.jpg

交通事故防止を目的に、トマト銀行は4月20日、真庭市に横断旗100本と夜光たすき50本を寄贈した。

市長室を訪れたトマト銀行・難波和彦久世支店長が「真庭地域の交通安全のために役立ててほしい」と、太田昇真庭市長に目録を手渡し、太田市長は「交通安全のために有効に使いたい」とお礼を述べた。

市では寄贈を受けた横断旗を小中学校の通学路で活用するほか、夜光タスキを交通安全活動等で配布する。
トマト銀行は、昭和44年から県内の各市町村に毎年寄贈を続けている。
posted by 真庭タイムス at 11:07| Comment(0) | 記事

樹皮燃料の熱風炉新設・10月稼働・昭和化学工業渇ェ山工場(蒜山上長田)

20180427_105006.jpg

建材や、ろ過助剤などに使う「珪藻土(けいそうど)」を採掘する昭和化学工業渇ェ山工場(蒜山上長田)は、製品製造工程で使う既存の珪藻土乾燥施設に、新たに木材の樹皮を燃料にした「バイオマス熱風炉」を建設し、二酸化炭素の排出量を削減する実証実験を始める。

1933年(昭和8年)創業の同社は現在、製品換算で年間約1万dの珪藻土を製造。既存ラインでは、液化天然ガス(LNG)を燃焼させて製品の乾燥を行っているが、バイオマス熱風炉の導入により、2割を樹皮燃料に移行させる。

樹皮は、水分量が多く効率的に熱量が得られないことや、繊維が多く、真庭バイオマス発電所の炉内で詰まりやすい事などから、使いにくいとされるが、前処理工程で樹皮を乾燥させたり、階段状の炉で燃焼させるストーカー式燃焼炉(1.5kW)を採用するなどして燃焼効率を上げる。

樹皮は、木材資源を供給する「真庭システム」から、年間約4000dの供給を受ける。

新施設の事業費4億円のうち、2億8千万円の補助を受け、平成32年まで実証事業として取り組む。

4月24日に工事の安全と事業の発展を祈願する地鎮祭が行われ、同社の石橋健藏社長は「真庭には、恵まれた資源がある。実証試験を経て、地域に貢献できるプロジェクトにしていきたい」と話した。

同工場の二酸化炭素排出量は、2022年には、2010年比で約50%まで削減できる見込み。

祓い.jpg

タグ:バイオマス
posted by 真庭タイムス at 11:04| Comment(0) | 記事

地域学ぶ「湯原学講座」・1年に10回の講座

湯原学講座.jpg

自分たちの住む地域について知ってもらう「湯原学講座」が2日、湯原中学校(下山洋校長、生徒数44人、真庭市久見)の3年生11人を対象に始まり、初回は、真庭市役所湯原振興局・片山誠地域振興課長が「湯原地域の現状と今後の課題」と題して説明した。

生まれ育った場所について知り、地域に愛着をもってもらおうと今年からスタート。片山課長は、高齢化が進む湯原地域の人口の変化や湯原ダム、温泉の歴史などについて紹介し、「今後、人口減少によって暮らしに影響が出てくる。若い人の定住と地域住民の方の地域を愛する活動が必要」と説明した。

講座を受けた生徒(15)は「人口や観光客が思ったより少なくなっていることを知った。今後は、ボランティア活動などに参加して地域の事に協力していきたい」と話していた。

講座は来年3月までに、『湯原トライアスロン』や『はんざき』、『社地区式内八社』など計10回の講義や活動を行い、理解を深める。
タグ:湯原
posted by 真庭タイムス at 10:50| Comment(0) | 記事