2018年07月20日

【広告】バリエ

30.07.12バリエout.jpg
posted by 真庭タイムス at 14:42| Comment(0) | 広告

【出雲街道一里塚跡に標柱・『勝山宿の会』が助成受け復元】

一里塚.jpg
旧出雲街道を後世に残そうと活動する「出雲街道勝山宿の会」(石川日出夫代表、会員22人)は12日、かつて街道に設置されていた一里塚跡に、檜の標柱(縦・横26p×高さ1・5b)1本を復元した。

マルセンスポーツ・文化振興財団の助成や市の許可を受け、高田神社(真庭市勝山)前の市道に設置。会のメンバー6人が市道脇に穴を掘り、コンクリートで固定した。

一里塚は、街道の位置を知るために、江戸時代に一里(約4q)ごとに設置。会では今回、各地の歴史資料を参考に、一里塚跡を特定し設置した。

代表の石川さんは「歴史の一つが復元できた。位置が特定できれば勝山地内にもう一カ所設置したい」と話している。
posted by 真庭タイムス at 14:39| Comment(0) | 記事

【秋の開花に向けて種まき・北房コスモス広場】

コスモス.jpg
秋には約1fの広さに約100万本のコスモスが咲き、「北房コスモスまつり」の会場にもなる真庭市上水田の北房コスモス広場で13日、コスモスの種まきが行われた。

北房地域の老人クラブや女性団体、中学生など32団体でつくる「北房コスモス街道整備委員会」のメンバー約70人が参加。トラクターで柔らかく耕した約70eの畑に、1bほどの間隔で溝を掘り、コスモスの種と肥料をまいて、土をかけた。
コスモス2.jpg
今後は8月の終わり頃に草取りなどを計画。10月上旬には高さ約1・5bほどに成長し、見頃を迎える。
posted by 真庭タイムス at 14:35| Comment(0) | 記事