2019年05月15日

【広告】休暇村蒜山高原

蒜山休暇村.jpg
posted by 真庭タイムス at 11:37| Comment(0) | 広告

【広告】隈研吾講演会

隈研吾講演会.jpg
posted by 真庭タイムス at 11:36| Comment(0) | 広告

【広告】かげや鮮魚

かげや鮮魚.jpg
posted by 真庭タイムス at 11:28| Comment(0) | 広告

【広告】日本ビル管理(株)

日本ビル管理.jpg
posted by 真庭タイムス at 11:27| Comment(0) | 広告

【広告】モグラ退治器

Tモグラ退治器.jpg
posted by 真庭タイムス at 11:27| Comment(0) | 広告

【木の温かさにふれて・真庭市立中央図書館に木製ボール】

木のおもちゃ2.jpg
子どもの頃から「木のまち」を実感してもらおうと、真庭市は4月26日、市立中央図書館(真庭市勝山、昨年7月開館)の2階・キッズスペースに、木製ボールで遊べるスペースを作った。

真庭産ヒノキを丸く加工したボールは、4〜10pほどの卵形。約3300個製作し、ヒノキの柵(高さ30p×1辺90pの6角形)と、CLTのブロックの柵の2つに入れている。

真庭システム協議会の沼田木工所(月田)と植木木材店(蒜山下福田)が製作。制作費は約70万円。

未就学児の親子が、本に親しむスペースに設置してあり、子どもたちが、さっそく中に入り、木をさわって感触を確かめていた。

子ども2人と訪れた女性(34)=勝山=は「木の香りや色が優しくて癒やされるので、たびたび訪れたい」と話していた。

木のおもちゃ.jpg

1組を中央図書館に常設設置するほか、もう1組は、真庭システム協議会を通じて、市内のイベントや団体などに貸し出して利用してもらう。
posted by 真庭タイムス at 11:19| Comment(0) | 記事

【救急搬送エリア拡大・今年4月から鏡野町富西谷地区】

落合、久世、勝山を管轄する真庭市消防本部(真庭市惣)の救急車(2台体制)の出動範囲が4月1日から変更され、新たに津山圏域消防組合の管轄だった苫田郡鏡野町富西谷地区が加わった。

対象の西谷地区(大地区と楠地区)には、現在45戸・109人が生活。過去5年間の平均出動件数は、年間約5件。平成2年4月から17年4月まで、同様の救急応援体制をとっていたが、市町村合併により、旧富村西谷地区は、津山圏域消防組合の管轄になり、奥津出張所(鏡野町奥津川西)から出動していた。

鏡野町は、久世地域に近い同地区の要望を受け、救急搬送を以前の体制に戻すことを検討。消防組合や県への規約変更、議会の決議などを経て、3月25日に津山圏域消防組合と真庭市が覚え書きを締結。市消防本部では、対象地区の道幅や経路などの情報収集を3月までに完了させ、緊急時の対応体制を整えた。

市消防本部の試算では、これまで奥津出張所からの出動に比べ、現場到着時間が、8〜14分短縮(通常走行)されるとしている。消防車に関しては、従来の管轄で対応する。
posted by 真庭タイムス at 11:15| Comment(0) | 記事

【第16回富原お茶まつり・体験や販売】

茶まつり1.jpg
お茶の産地として知られる真庭市富原で、「第16回富原お茶まつり」が、5月19日㈰午前9時から14時半まで行われる。
会場の富原小学校グラウンドには、緑茶や番茶、山菜おこわ、茶うどん、ジャンボあげ寿司、しいたけ、こんにゃくなどを販売するテントが多数出店。お茶摘みや製茶つくり体験も行われる。
茶まつり2.jpg
posted by 真庭タイムス at 11:09| Comment(0) | 記事

【勝山 憩いの場「ぴっとカフェ」・JAまにわ女性部勝山支部が運営】

ぴっとカフェ.jpg

勝山農産物直売所「健康の里」(真庭市江川)に隣接するJAまにわ勝山支所経済課のの敷地内に、3月、飲食スペース「ぴっとカフェ」がオープンし、地域の憩いの場になっている。

2018年3月末に閉鎖した車両センターの有効活用を目的に、JAまにわ女性部勝山支部の女性18人が、旧事務所を飲食スペースとして使い営業。今年1月から試験営業を行い、3月18日にオープンした。

女性部のメンバーが、4人ずつ交代で調理や接客を行い、日替わり定食(500円)などを提供。「安心して食べられる食材を吟味して提供したい」と、地産地消にこだわり、会員が栽培した米や野菜を基本的に使うほか、肉なども国内産に限定してる。

12席の店内スペースは、買い物客の休憩や近隣事業所の昼食利用などで、昼の時間帯には満席になることが多い。営業時間は、午前10時から15時。(水曜、日曜は定休)。

施設の整備には、地域活性化や女性部の活動を支援する「JA共済の地域貢献活動」の助成を受けた。

店舗の横では、大判焼きやお好み焼き、焼きそばなど、持ち帰り専門の別店舗も営業している(土日は定休)。
ぴっとカフェ2.jpg
posted by 真庭タイムス at 10:51| Comment(0) | 記事

【ひるぜん花火大会応援して・尺玉募金箱で寄付募る】

花火大会募金.jpg
尺玉花火の打ち上げで有名な「ひるぜん花火大会」(8月15日㈭開催)に向けて、実行委員会は、蒜山地域の各所や真庭市役所本庁舎などで募金や協賛を呼びかけている。

毎年お盆に、蒜山西茅部地内の旭川河川敷で行われる花火大会には、約千発の花火が打ち上げられ、約6千人の観客が訪れる。

打ち上げ場所周辺には建物がなく、観客席までの距離も近いことから、大迫力の打ち上げ花火が間近で楽しめると好評。330bほどの高さで、直径約280bまで広がる尺玉花火は、花火大会の目玉で、約25発の打ち上げを予定している。

地元企業からの協賛を中心に毎年行われてきた花火大会だが、近年は予算が減り、数年前からは一般からの寄付も募り開催。今年は例年よりも2カ月ほど早い4月5日から、募金活動をスタートした。

地域のスーパーや店舗、真庭市役所本庁舎、真庭いきいきテレビなど33カ所に募金箱を設置。そのうち9カ所には、直径30pの尺玉(10号玉)の募金箱を設置している(設置は8月9日㈮まで)。

団体からの寄付も含め、問い合わせは、実行委員会(0867−66−3390)まで。
posted by 真庭タイムス at 10:37| Comment(0) | 記事