2019年11月20日

【真庭高校 訓練で防災意識高める・小学生や地域住民も参加】

落合校地01.jpg
南海トラフを震源とする巨大地震の発生を想定した防災訓練が12日、真庭高校落合校地で行われ、全校生徒225人のほか、落合小学校5・6年生児童、地元住民らも参加し、訓練を通じて防災意識を高めた。

地震発生により1階の社会科教室から出火したとの想定で訓練が行われ、生徒は各教室からグラウンドに全員避難。消火班や救護班、炊き出し班など、10人ほどの各グループを編成し訓練した。
落合校地03.jpg
高校生が、避難所に指定されている同校まで、落合小学校児童を避難誘導。昨年、水害により水に浸かったグラウンドでは、高校生や小学生が、自衛隊員から「土のう袋は裏返して使う」「入れすぎると重くて運べないので土の量は7分目ぐらいまで」「台形に積んで木などでたたいて固める」など、土のうの作り方や積み方の指導を受け実践。体育館では、毛布を使って負傷者を搬送する訓練を行った。
落合校地04.jpg
このほか、水消火器を使って5b先の的に放水する消火訓練や、AEDによる負傷者救護訓練、煙の充満したトンネルを避難する体験、自衛隊車両の展示なども行われた。

普通科3年の男子生徒(17)は「煙体験では前が見えず、進むのが不安だった。AEDは中学の頃から何度も練習しているので、もしも使うことがあれば、自分が率先してやりたい」、看護科3年の女子生徒(18)は「土のう作りを初めて体験したが、今後は地域の人にも作り方や積み方を教えてあげたい」と話していた。
真庭市向津矢の若田重夫さん(64)は「昨年の豪雨災害では、白梅体育館に避難した。それから防災に興味があり今回初めて参加した。この地域は高齢化が進んでいるので、若い高校生が防災に力を入れている事はとても心強い。自分も心肺蘇生などを学んで役に立ちたい」と話していた。
posted by 真庭タイムス at 17:39| Comment(0) | 記事

【愛宕梨の収穫始まる・農事組合法人 清 藤】

愛宕梨.jpg
平均1kg前後の大きさになる『愛宕梨』の収穫が、13日、農事組合法人 清藤(真庭市下呰部)で始まった。
同所が栽培する梨園(約60e)には、愛宕梨や新高梨、ツーリー、王秋、ルレクチェ など77本を植えており、このうち愛宕梨は40eに38本を栽培。1月から枝の剪定や誘引、4月に受粉、5月には小袋をかけ、さらに7月にも大袋をかけて、大切に育ててきた。

初日は10人の作業員が手分けをして、大きく実った梨を一つずつ手で収穫。選果場へ運び、大きさや形などで選別して箱詰めした。

今年は、台風による被害も比較的少なく玉太りは良好。収穫は11月24日頃まで続けられ、約8800玉を収穫する。

上品な甘みと酸味があり、シャキッとした食感が楽しめる、糖度13〜14度の愛宕梨。清藤では「ジャンボ明日香梨」の名称で販売しており、お歳暮や贈答用などにも人気がある。

11月23日㈯と24日㈰には、毎年恒例の「清藤祭り」を、選果場に隣接する直売所で開催。贈答品の受け付けのほか、梨の量り売り、スイーツの販売(きよとうカフェ)、特製手打ちうどんの提供などを行う。時間は、両日とも午前9時半〜16時半まで。

清藤・理事の中川洋平さんは「今年も美味しい梨ができた。週末のイベント来場をお待ちしています」と話している。問い合わせは、清藤(0866−52−4223)まで。
posted by 真庭タイムス at 00:00| Comment(0) | 記事

【提案型インターンシップ・勝山高校蒜山校地2年生】

ジビエ料理.jpg
岡山県立勝山高校蒜山校地(真庭市蒜山上長田、生徒数54人)の2年生17人は、4グループに分かれて地域資源を活用した提案型のインターンシップ(就業体験)を行っている。

体験や関わりを通じて蒜山地域内の人材や素材を知り、地域の誇りや愛着を深めるとを目的に、前期(6月)と後期(11月)に開催。後期では▽ジビエ活用▽自然活用▽蒜山お菓子▽体験型イベントの4つのプロジェクトに分かれて試作品づくりや販売に取り組み、地域の店舗なども協力している。

このうち、イノシシとシカの肉を使ったジビエ活用プロジェクトに、4人が挑戦。蒜山上福田の飲食店・粋呑房(すいとんぼう)の湯槇将文さんと智子さんに協力してもらい、8日、蒜山校地の調理室で、餃子と肉まんを試作した。

食材は、なるべく地元の物を使うように、生徒たちが考え準備。細かく切ったキャベツやニラ、生姜、ニンニクなどに、ミンチにしたイノシシ肉とシカ肉をそれぞれ混ぜて、餃子の皮で包んで焼いた。
肉まんには、ひるぜん大根やシイタケ、キャベツ、レタス、タケノコなどを入れ、ふっくらと蒸し上げた。
試作を終えて全員で試食。「ミンチ肉をもう少し細かくした方がいい」「餃子の皮はもう少し薄く」「スパイスを効かせた味付けにしよう」など、意見やアイデアをまとめて、試作を繰り返した。

チームリーダーの林君は「蒜山ではイノシシやシカの被害が多く、地元の食材と組み合わせて美味しいものができれば、消費につながる。遠くからでも食べに来てくれるジビエ料理ができれば、蒜山も賑やかになる」と楽しそうに話した。

味などに改良を加えて11月22日㈮には、粋呑房で生徒が販売する(営業時間は午前11時半〜14時半)ほか、12月6日㈮には、蒜山振興局で成果発表会を行う。
posted by 真庭タイムス at 00:00| Comment(0) | 記事

【納税の普及啓発に貢献・5人に表彰や感謝状 】

納税表彰式.jpg
国税庁が税の仕組みや役割について広報する「税を考える週間」(11日から17日)に併せて12日、久世税務署(真庭市鍋屋)は、税に関する広報活動や各団体活動で納税の普及に貢献した2人を表彰し、3人に感謝状を贈った。
表彰式では、久世税務署・鈴木孝雄署長が「適正な申告納税制度の実現と納税道義の高揚に多大な貢献をされた皆様方のご尽力に対し、心から敬意と感謝の意を表します」とあいさつ。表彰状や感謝状を受彰者に手渡した。

受彰者を代表して岡本康治さんが「法人会では租税教室などを行い、自分たちも勉強しながら子どもたちと一緒に税について学べた。これからもご支援を賜りたい」と謝辞を述べた。

受賞者の方は次の通り(敬称略)。▽税務署長表彰=公益社団法人真庭法人会 理事 岡本康治(久世)、同 青年部会 理事 山本裕一郎(荒田)▽税務署長感謝状=真庭青色申告会 副会長 古林重幸(下呰部)、公益社団法人真庭法人会 青年部会 理事 田渕啓祐(古見)、同 女性部会 副部会長 桑木舞弓(草加部)
posted by 真庭タイムス at 00:00| Comment(0) | 記事