2017年08月29日

夏休みの宿題サポート・美甘サマースクール初開催

サマースクール2.jpg
夏休み中の子どもたちの学習意欲向上や居場所づくりを目的に、美甘振興局地域振興課と美甘公民館は、小学生を対象にした「美甘サマースクール」を今年初めて開催した。

7月と8月の計6日間、美甘小学校の1〜6年生の延べ119人が参加。夏休みの宿題など持参した子どもたちは、ボランティアのスタッフから勉強を教えてもらいながら、集中して宿題を行っていた。

8月22日は、環境学習センター「アスエコ」(岡山市北区下石井)の『電一郎先生』こと、土井伸一郎さんが講師になり、「ふしぎ電気実験室」を開催。地球温暖化防止のための家庭の省エネについて勉強した後、ペットボトルを使ったソーラーエコランプづくりを体験した。

500_gのペットボトルの上部を切り取り、ビー玉を入れて周りをペンで塗ったり、色紙を貼ったりしてアレンジ。太陽の光で充電し、暗くなるとLEDが自動的に点灯するランプを取り付けた。

兄弟3人で参加した美甘小学校4年の女子児童(10)は「ランプづくりは、きれいな色を塗ったりして楽しかった。出来上がったら子ども部屋に飾りたい」と話していた。

サマースクール1.jpg
美甘サマースクールでは、国際交流員のローラさんが、英語を使ってゲームを楽しむ英会話なども行われた。
タグ:美甘
posted by 真庭タイムス at 13:57| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: