2017年09月13日

海の市・山の市2017真庭 24日開催

海・山.jpg

日本海から太平洋までの特産品やグルメが一堂に大集合する「海の市・山の市2017真庭」(同実行委主催)が、9月24日㈰午前9時半から15時まで、蒜山高原三木ケ原特設会場(真庭市蒜山上福田)で行われる。入場無料。

中国自動車道と岡山道、米子道の交差する真庭市で、南北を軸とした市町村が協力して行う海の市・山の市は、今年で22回目。100を超えるテント村では、鰹のタタキ(高知)、鯛めし(新居浜)、骨付き鳥(香川)、梨・幻の「サモエビ」の塩焼(鳥取)、美保関名物焼きイカ(松江)、下津井名物大ダコ天ぷら・タコ飯(倉敷)、千屋牛サイコロステーキ串(新見)、などを販売。ボンネットバス乗車体験や木工教室、もち投げ、まにぞうミュージカル、じゃんけん大会など多彩なイベントが開催される。

会場周辺には、1200台の無料駐車場も完備。
問い合わせは、真庭市産業政策課内の実行委員会(0867−42−1033)まで。
posted by 真庭タイムス at 13:41| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: