2017年11月17日

活発な意見次々と・旧落合振興局跡地の利活用話し合う

垂水向津矢01.jpg
垂水向津矢住民会(小林淳一会長)は15日、旧落合振興局の解体後の跡地利用について、住民から意見を募る「落合まちづくりワークショップ」を、落合総合センター会議室で開催した。

昭和42年1月に落合町庁舎として建設され、真庭市合併後は、落合振興局として使われてきた庁舎(鉄筋コンクリート造、地下1階・地上3階、敷地面積1805u)は、約600b南西に新築した、落合総合センターに平成28年4月、全機能を移した。

現在使われていない旧庁舎について市は、財産活用課や総務課、落合振興局などでつくる「旧落合振興局跡地利用推進プロジェクトチーム」(14人)を昨年12月に立ち上げ、解体方法や跡地活用方法について検討。平成30年年度中に、旧庁舎と北側立体駐車場の解体撤去を計画している。

ワークショップには、住民会理事や自治会長、商工会、消防団員、高校生など約50人が出席。8グループに別れて利活用方法について話し合った。

垂水向津矢02.jpg

参加者からは「農業をしたい人に畑として貸し出す」「住民が集まる防災機能を持った公園」「ママ友やバスを待つ高校生が利用しやすいカフェを作り、落合の観光拠点に」「更地にして必要に応じて使う」「だんじりを展示して集いの場に」などの意見が出された。
住民会では、今回の意見をまとめ、今後の活用につなげていく。
posted by 真庭タイムス at 16:53| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: