2018年01月31日

活発に意見や質問次々と・真庭市議会報告会 市民と語る会

議会報告会01.jpg
真庭市議会議員(24人)が、議会報告や市民と意見交換する「平成29年度真庭市議会報告会・市民と語る会」が1月26日から28日まで、市内12会場で行われ、様々な課題について市議と市民が意見を交わした。

議員が4グループに分かれて市内各地で開催。26日に上河内コミュニティハウスで行われた会には、初本勝議員、中尾哲雄議員、入澤廣成議員、小田康文議員、福島一則議員、山本久惠議員の市議6人が出席し、参加した地元住民約30人に「自主防災組織について」(総務常任委員会)、「園・学校整備計画について」(文教厚生常任委員会)、「市道新設・改良評価基準の新設について」(産業建設常任委員会)を報告した。

語る会では、参加者が質問や意見を付箋に書き出して、議員が一問一答。議員は、質問に丁寧に答えながら、住民意見を聞き、即答できない件は後日の返答を約束した。

同会場からは「市はハザードマップを配布しているが、避難経路を具体的に示してほしい」「真庭産業団地を作る時に市道整備をお願いしているが、どうなっているのか」「真庭産業団地に入るトンネルの中の照明が暗いので歩くときに困っている」「地域の公民館にAEDの設置を」などの意見が出た。
タグ:真庭市議会
posted by 真庭タイムス at 16:15| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: