2018年02月13日

オリンピックを盛り上げよう・市役所にオリンピック支援自販機設置

コカ・コーラ自販機設置.jpg

東京2020年オリンピック大会を目指すアスリートの強化支援や地域の機運を高めようと、コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社(本社:東京都港区)は2月1日、売り上げの一部がJOC(日本オリンピック委員会)に寄付される「JOCオリンピック支援自動販売機」1台を、真庭市役所に設置した。

これまで「スポーツ・レクリエーションクラブくせ」が、市役所1階の東側に設置していた自動販売機を更新し、真庭市内第1号機として設置。セレモニーには、太田昇真庭市長やスポーツ・レクリエーションクラブくせ 木崎久幸理事長、蒜山酪農業共同組合 入澤博一課長、コカ・コーラボトラーズジャパン関係者などが出席した。

太田市長は「リオデジャネイロオリンピック馬場馬術代表に、真庭市の原田喜市さんが選ばれた事やドイツのホストタウンに真庭市が登録されたことなど、市としても一緒になってオリンピックを盛り上げていきたい」とあいさつし、設置を喜んだ。

オリンピックの実施競技をデザインした専用のラッピングを側面に施した自動販売機は、2016年1月から設置が始まり、1月29日現在1184台が全国に設置されている。

県内では、倉敷市、岡山市に続き、真庭市が3カ所目で、蒜山中福田の「ひるぜんジャージーランド」にも3月中旬に、設置を予定している。
posted by 真庭タイムス at 17:27| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: