2018年03月12日

5億円の生産販売目標・蒜山地域園芸生産者大会

蒜山地域園芸生産者大会.jpg
JAまにわ蒜山営農経済センターが管轄する北部地域の7部会(トマト、ミニトマト、大根、菌茸、白ネギ、キャベツ、花き)の生産者が集まり6日、「平成29年度JAまにわ蒜山地域園芸生産者大会」(蒜山地域園芸振興協議会主催)が、休暇村蒜山高原(蒜山上福田)で行われた。

生産者やJAまにわ職員、流通業者など約80人が出席。栽培や販売成績の良かった生産者を表彰したほか、30年度の生産販売目標額5億円を代表者が宣言し、全員で拳をあげて「ガンバロー」と三唱した。

閉会後には講演会が行われ、林家染二氏が「笑う門には福来たる・思いっきり笑うと元気になれます」と題して講演した。

昨年度の生産販売額は、台風や天候不良により、約4億2千万円に留まった。雪解けを迎えた蒜山高原では、4月頃から大根の播種や白ネギの定植が始まる。

受賞者は次の通り。▽美作県民局農林水産事業部長賞=高畠望(トマト、川上地区)▽真庭市長賞=本島勉・明美(ミニトマト、八束地区)▽真庭農業協同組合長賞=井上達(大根、八束地区)、長綱幸男(白ネギ、八束地区)、進修宏(キャベツ、八束地区)、中島えのき茸生産組合(菌茸、八束地区)、内田耕生(花き、湯原地区)
posted by 真庭タイムス at 15:03| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: