2018年04月10日

開花迎え梨の受粉作業・農事組合法人 清藤

受粉.jpg
約4fの果樹園で梨やブドウを栽培している農事組合法人 清藤(真庭市下呰部)は9日と10日、園内で開花を迎えた新高梨と愛宕梨に受粉作業を行った。

清藤の梨園(約65e)には、愛宕梨38本や洋梨30本、新高梨5本などを88本を栽培。1月から管理機を使って土を耕したり、剪定などの手入れを行い、昨年より9日早い開花を待って受粉を始めた。

13人の作業者が手分けをし、別品種「ツーリー」(中国梨)の花粉を筆に付け、雌しべに筆を使って丁寧に受粉させている。

5月の連休明けには小袋をかけ、さらに7月にも大袋をかけるなどの作業を行い、10月上旬〜11月中旬にかけて収穫。平均1sの愛宕梨や600c前後の新高梨を約1万玉収穫する。

昨年、カフェを併設した新しい選果場を事務所のそばにオープン。収穫した梨は、自営の直売所で販売するほか、全国発送もしている。

平泉繁代表理事組合長(53)は「収穫時期までしばらくあるが、しっかり手入れをして、良い商品を提供したい。カフェでも食べてもらえるように、梨を使った商品開発もやっていきたい」と話していた。
posted by 真庭タイムス at 14:59| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: