2018年04月23日

イベントや屋台、新酒を満喫・御前酒まつり2018

御前酒まつり01.jpg

日本酒を楽しむ春のイベント「御前酒まつり2018」が21日と22日、真庭市勝山の御前酒蔵元樺メ本店で開かれ、来場者が新酒の味を満喫した。

純米大吟醸「馨(けい)」や純米吟醸「如意山(にょいざん)」、にごり酒など、人気の銘柄を1合ずつ飲めるコーナーでは、訪れた日本酒ファンが、芳醇な味や香りを堪能。焼き鳥や、ひるぜん焼そばなどを販売する屋台も多数出店したほか、ガラポン抽選会、酒粕詰め放題、パターゲームなどの様々なイベントが行われた。

数量限定、蔵元の隠し酒販売なども行われ、早々に完売。同社の辻総一郎社長(38)は「昨年よりも出店業者が増え、お酒を飲まない人も楽しんでもらえるように多くのイベントを企画した。酒蔵の雰囲気を感じてもらい、日常的に勝山へ来てもらうきっかけになれば」と話していた。

御前酒まつり02.jpg

夫婦で京都から訪れた女性(50)は、酒粕の詰め放題に挑戦し、「主人が御前酒を気に入って、昨年からイベントに来ている。酒粕を持ち帰って、粕汁にします」と話していた。

来場者にゆっくり楽しんでもらおうと、これまで1日だけだった開催を今年は2日間に延長。延べ約3000人が訪れ、1升瓶換算で200本以上を販売した。

御前酒まつり03.jpg
タグ:御前酒
posted by 真庭タイムス at 18:40| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: