2018年05月08日

交通安全に役立てて・トマト銀行が横断旗など寄贈

横断旗.jpg

交通事故防止を目的に、トマト銀行は4月20日、真庭市に横断旗100本と夜光たすき50本を寄贈した。

市長室を訪れたトマト銀行・難波和彦久世支店長が「真庭地域の交通安全のために役立ててほしい」と、太田昇真庭市長に目録を手渡し、太田市長は「交通安全のために有効に使いたい」とお礼を述べた。

市では寄贈を受けた横断旗を小中学校の通学路で活用するほか、夜光タスキを交通安全活動等で配布する。
トマト銀行は、昭和44年から県内の各市町村に毎年寄贈を続けている。
posted by 真庭タイムス at 11:07| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: