2018年06月13日

【真庭初の地ビール発売 美作ビアワークス・三浦さん】

三浦さん.jpg
今年3月に酒類等製造免許を取得した、真庭市久世の三浦弘嗣さん(32)が、地ビール製造会社「美作ビアワークス」を立ち上げ、真庭初の地ビール販売に向けて準備を進めている。7月中旬には、芳醇な香りが楽しめる地ビール「ペールエール」(瓶330㎖、500円・税別)を製造施設内の自社ショップや市内で開催されるイベントなどで販売する。

三浦さんは、大学で微生物について学んだ後、真庭市内のパン製造会社に約2年間勤務。パン作りに欠かせない酵母を日々研究する中、山梨県の地ビール会社でビール作りのノウハウを習得した。

その後も広島県や鳥取県でビール製造や販売に携わり、昨年10月に独立。勝山地域で活動する地元団体の協力を得て、今年1月から、真庭市江川の施設を改修し、準備を進めた。

工場内には、1ヶ月に約1000gを製造する発酵タンクや仕込み釜などの設備を整備。免許取得後の4月から、本場のイギリスやドイツ、アメリカから麦芽やホップなどの原料を仕入れて仕込み、製造を始めた。

5月25日〜27日に、岡山市北区で行われた「おかやまハワ恋ビアフェスタ2018」や、6月2日に、勝山文化往来館ひしおで行われたイベントで試験販売。ビールを飲んだ人から「フルーティーな味や香り。飲み飽きせず、2杯目が欲しくなる味」と好評を得た。

三浦さんは「ビール酵母が活発に働くように、温度管理に気をつけている。今後、柚子やお茶など、真庭の原料を使った地ビールを開発し、地元に愛される地ビールを広めていきたい」と話している。

問い合わせは、三浦さん(090−2002−3026)まで。
タグ:地ビール
posted by 真庭タイムス at 11:23| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: