2018年06月13日

【ヨガや薬膳講座で交流・JAまにわ&JAびほくの若手女性グループ】

フレッシュミズ.jpg

食や農業に関心を持つJAまにわ、JAびほく各管内の若手女性グループ「JAフレッシュミズ部会」の初めての交流会「ヨガ&薬膳でセルフメンテナンス」が12日、北房文化センター(真庭市上水田)で行われた。

「フレッシュミズ・JAびほく」(2013年4月設立、池永京子代表、会員数53人)と、「フレッシュミズ・JAまにわ」(2016年9月設立、柴田晴江代表、会員数17人)のうち、18人が参加。ヨガ体験では、勝山出身のヨガインストラクター・上原彩子さん(33)=津山市山北=が、参加者が打ち解けやすいように手足をつなげて触れ合うヨガや『木』、『V』、『三角』など胃腸を活性化させる約10種類のヨガを指導した。

薬膳講座では、薬膳インストラクター・野菜ソムリエの篠原奈緒さん(38)=新庄村=が「梅雨を楽しく過ごす薬膳講座」と題して、食べ物によって体調を整える働きがあることなどを説明。メンバーは、豆乳に抹茶を加えたゼリーを食べたり、黒豆茶を飲みながら楽しく交流した。

フレッシュミズ2.jpg

池永代表(42)は「今後も一緒に楽しいことをやっていきたい」、柴田代表(35)は「普段会えないメンバーと交流できた。定期的な交流で今後、新しいことができそう」と喜んでいた。

各グループは、農業をしていない女性の参加も可能で、月1回程度集まり、自分たちで企画した様々な活動に取り組んでいる。

県組織の副会長を務める池永代表と柴田代表が、両会員の交流を目的に今回初めて交流会を企画。今後11月にも合同で、料理教室の開催を予定している。

各グループへの参加も随時可能。申し込み、問い合わせは、各JAグループへ。
posted by 真庭タイムス at 11:30| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: