2018年06月27日

【事業者集まり目標確認・『バイオマスツアー真庭』運営会議】

観光局.jpg
真庭バイオマス発電所や液肥製造プラントなど、地域資源を活用した真庭市の取り組みを見学する「バイオマスツアー真庭」(一般社団法人真庭観光局主催)の関連事業者が集まり19日、運営会議を開いた。

会議には、見学先の事業所や宿泊施設、行政の担当者など約40人が出席。観光局の佐山修一理事長が「ツアーの関連事業者の皆さんが、利益が出せるように頑張っていきたい」とあいさつした。

事務局の担当者が、平成29年度のツアー参加状況について「個人や企業、行政関係者など約1600人が参加し、80回のツアーを開催した。約1700万円の売上があったほか、バス代や宿泊代、昼食代など、地元へ約830万円の経済波及効果があった」と報告。また、ツアー参加者に対して行った、食事や料金、宿泊に関するアンケートの集計結果を配布し、説明した。

観光局では、今年度のツアー参加目標人数を1800人に設定。約半数には、市内に宿泊してもらう計画を発表し、事業者に協力を求めた。

ツアーへの参加は、他の地域にもバイオマス発電所が建設されたことなどから、平成27年の2929人をピークに年々減少。また、団体予約が減少していることから、昨年6月には、ツアーの最少催行人数を10人に減らして、個人の参加も積極的に受け入れている。

今年度は、韓国語のPRチラシを2000部制作したほか、インターネットのホームページから、ツアー予約が出来るように、7月から予約システムを稼働させる。
posted by 真庭タイムス at 14:33| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: