2018年07月02日

【ホタルとの共生を宣言・全国6市町が集まりサミット】

ほたる04.jpg
ホタル保護や環境保全の取り組みや課題を共有する「2018ほたるサミットin真庭」(真庭市、ほたるサミット実行委員会主催)が6月16日、北房文化センターで行われ、フォーラムや共同宣言の発表が行われた。

環境庁は平成元年、地域にゆかりの深い生物が生息する環境を保全する目的で、全国119カ所の「ふるさといきものの里」を選定。これを期に、日本一のホタルの里を目指す6市町が毎年サミットを開催し、今年で30回の節目を迎えた。

会場では、参加した各地の市長が、ホタル生息地の環境保全や保護活動について、取り組みを紹介。真庭市は、北房小学校の児童が、ホタルについて学習した内容を発表した。
ほたる02.jpg
パネルディスカッションでは、各市町の担当者や3人のパネラーが、取り組みや課題について議論。子どもたちが音楽に合わせてダンスを踊る「ホタルっ子ミュージカル」は、会場を盛り上げた。
ほたる03.jpg
最後に太田市長が共同宣言を読み上げ、次回開催地の福岡県北九州市に引き継いだ。

posted by 真庭タイムス at 13:19| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: