2018年08月07日

【車で運べるハウス製作・轄イ田建美(真庭市下方)が全国展示会へ出品】

佐田01.jpg
軽自動車の荷台から材料を出して約10分で組み立て完了

軽自動車に収納して運べるハウス「カセット別荘『真庭』」を、建具・家具製造販売の轄イ田建美が開発し、8月30日㈭・31日㈮に、埼玉県さいたま市で開催される「第52回全国建具展示会」に出品する。

『遊び』×『防災』をテーマに、旅行先での宿泊や、緊急時の避難施設として昨年9月から開発し、今年8月に完成した。

屋根一体型の壁パネル(縦176p×幅100p×厚さ4p)8枚や断熱材付きの床、天井テントなど約120sの材料を軽ワゴン車の荷台に収納できるよう設計。縦横2・5bの敷地があれば、大人2人で10分ほどで組み立てできる。

木組みを利用して壁を接合し、8角形の部屋を設置後、天井高2・1bの屋根に、ビニール製のシートをかぶせて完成。室内は、大人4人が寝ることができる4畳ほどのスペースを確保した。

佐田03.jpg
全ての材料は、工具を使わず組み立てできる

壁や天井には、真庭産の杉、床には防湿効果の高い桐を使用。風や光の量を自由に調整できる無双窓と呼ばれる古来からの技術も採用した。

佐田02.jpg
佐田時信社長(67)は「車載するために重量を軽くし、簡単に組み立てができるように考えた。思い立ったらすぐに旅行に行け、手足を伸ばして寝ることができるし、災害の時にも便利だと思う」と話している。

同社は、これまでも「スーパーカー真庭」や「おひつの家」「移動収納壁 真庭」など、全国建具展示会に毎年出品しており、昨年出品した「リビング学習キッチン真庭」は、農林水産大臣賞を受賞している。

作品は、同社のショールームに展示されており常時見学可能。9月以降は、各地のイベントなどで展示を予定している。問い合わせは、同社(0867−52−7817)まで。
posted by 真庭タイムス at 15:46| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: