2018年08月08日

【林業の作業現場を見学・地元企業協力し夏休み中の子ども参加】

かしっこ02.jpg
機械の説明に聴き入る児童

放課後児童クラブ『かしっこ』の子どもたちが7日、地元の林業会社「泣iガタ木材」(真庭市樫東)の作業現場(真庭市三阪)を見学した。

地場産業の『林業』について知ってもらおうと夏休みを利用して初企画。児童クラブに通う1〜6年生9人と支援員3人が参加した。

現場で木の伐採作業を行う、ナガタ木材の永田社長が「手入れをしていない山は、地面に光が届かず、災害も発生しやすくなる」と、間伐の重要性を説明。作業員がチェンソーを使って樹齢約45年のヒノキ(高さ約15b、直径約22p)を2本伐採すると、その迫力に子どもたちが歓声を上げた。

かしっこ01.jpg

子どもたちは、伐採した木を3〜4bの長さに切る高性能林業機械「ハーベスター」や、木を積んで搬出する運搬車「フォワーダ」の積み込み作業を見学。樫邑小学校6年の児童は「木を切るのを初めて見たけど、倒れてくるときが怖かった。大変そうな仕事だけど、機械が格好良くて面白そう。将来やってみたくなった」と話していた。

かしっこ03.jpg

放課後児童クラブ『かしっこ』は、休園中の樫邑幼稚園に今年7月開所。放課後や夏休み中の、遊びや学びの場になっている。
posted by 真庭タイムス at 10:47| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: