2018年08月20日

【はしご登はん県代表・全国消防救助技術大会 出場】

消防署員全国大会へ.jpg

真庭市消防本部の消防士・國本翔平さん(21)=美甘=が、8月24日㈮に、京都市消防活動総合センター(京都市南区)で行われる「第47回全国消防救助技術大会」の岡山県代表として出場する。

6月26日に岡山市消防教育訓練センター(岡山市中区桑野)で行われた「第31回消防救助技術岡山県大会」には、真庭消防署から16人が参加。國本さんは、命綱を結んで、15bの垂直のはしごを登り、早さと安全性を競う「はしご登はん」の部に出場し、優勝した。

7月の豪雨災害の影響で、中国大会が中止になり、県代表として全国出場が決定。昨年9月から今年2月までは週1回、3月からは週4回、2時間ずつ練習を続けている。

國本さんは「練習の成果を発揮して、先輩や同僚、家族の思いを背負って、一生懸命戦ってきたい」と意気込んでいる。

消防署員全国大会へ2.jpg

8日には、全国大会の出場報告に真庭市役所を訪問。太田市長は「他の種目も含め、技術が向上し、職員のやる気がでる。全国大会での結果を楽しみにしている」とエールを送った。
posted by 真庭タイムス at 16:26| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: