2018年09月12日

【新庄村 電子黒板を授業に活用・2学期から小中学校の各教室】

新庄村ICT(c).jpg
業者の担当者から電子黒板の説明を受ける小学校の教職員

新庄村は、村内の小学校(児童数42人)と中学校(同19人)の計10教室に、電子黒板を導入し、2学期からICT(情報通信技術)を活用した授業に取り組んでいる。

小学校には、1〜6年の教室や多目的室に、電子ペンで映像内に文字や図を書いたりできるほか、従来通り、直接ペンで書き入れることもできる電子黒板(幅3・6b×高さ1・2b)を設置。上部に最大80インチ(幅1・7b×高さ1・1b)の映像を投影できるプロジェクターを取り付けている。

携帯端末(タブレット)も小中学校に計36台導入し、児童や生徒、教職員が授業で活用。パソコンやタブレット、スマートフォンの画面を、教室前方に大きく表示させ、資料や動画、写真を見ながら授業できる環境を整えた。夏休み中に工事を行い2学期から使用。事業費は、1479万6千円。

8月24日には、小中学校の教職員向けに、業者の担当者がデモンストレーションを行い、授業での活用方法を説明した。

新庄村ICT(c)2.jpg

新庄小学校の行安克昌校長は「電子黒板は、子どもたちの意見を引き出すツールとして期待している。タブレットを文房具として扱えるようになり、将来的には調べ学習や英語学習、プレゼンテーションの発表などに活用したい」と話している。

これに併せて、各教室や屋外など14カ所に、機器を無線接続するWi−Fiアクセスポイントを設置した。
posted by 真庭タイムス at 14:07| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: