2018年10月16日

【行方不明者発見に貢献・嘱託犬「エマ」と河野さんに感謝状贈る】

警察犬.jpg
活躍をねぎらう真庭警察署長(左)

真庭市江川で9月28日に発生した行方不明者の発見に貢献したとして、真庭警察署は、岡山県警察嘱託犬のジャーマン・シェパード「ナウス オブ エンドドンティック サージェリー号」(メス・30s・8歳5ヶ月、呼び名=エマ)とその指導者の河野利香さん(48)=真庭市勝山=に4日、感謝状を贈った。

エマは、民間で飼われている犬が行方不明者等の捜索活動に協力する「嘱託犬」として、7年前に登録。真庭署管内唯一の嘱託犬として、年間10回ほど捜索活動に協力している。

真庭警察署から10代少年の捜索要請を受けた28日、河野さんとエマは少年の目撃地点から、においを手がかりに1qほど歩いて捜索。少年を発見し、真庭警察署員が無事保護した。

エマと一緒に感謝状を受け取った河野さんは「少年が無事に見つかり、大変うれしい。エマと気持ちがひとつになり、いい結果につながった」と振り返り、水原宏志真庭警察署長は「ケガもなく保護できてよかった。これからも協力をお願いしたい」と感謝を伝えた。

河野さんは「犬に関わる仕事がしたい」と、23歳の時から嘱託犬の制度に登録し、愛犬とともに活動。捜索時に使う長さ10bの長綱を付けると仕事モードになるというエマに、休みなどを利用して足跡のにおいを探す訓練などを自宅で行っている。

「同じような活動にチャレンジしてもらえる人がいれば、ありがたい」と、河野さんは嘱託犬への参加協力を呼び掛けている。
posted by 真庭タイムス at 19:08| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: