2018年11月06日

【粘りが自慢の銀沫出荷・かつやまのいも生産組合】

銀沫目揃え会.jpg
出荷された芋の形やサイズを確認する生産者

勝山地区特産の銀沫の販売が11月1日から始まった。10月30日には、市内の生産者でつくる「かつやまのいも生産組合」(会員34人、約2fで栽培)が、出荷基準を明確化する『目合わせ』を勝山の集荷場で開催した。

銀沫は、伊勢芋をルーツとした山芋で、自然薯に負けない粘りがあり、アクが少なく、変色しにくいのが特徴。初日は、生産者22人が約1dを出荷。形や大きさなどで、特秀、秀、優、加工用の4等級に分類した芋を持ち寄り、流れ作業で箱や袋に詰めて出荷した。

昨年は組合全体で約9dを出荷。今年は昨年より少し多い10dの出荷を予定している。

綱島孝晴組合長(64)は「夏場の天候で生育が心配だったが、出荷の芋を見ると昨年並み」と安堵の様子。12月末頃まで出荷が行われ、市内では、JAまにわ特産品販売所「健康の里」や、みやげもの店で販売するほか、地元の飲食店で、銀沫を使った料理として提供される。
posted by 真庭タイムス at 11:41| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: