2018年11月30日

【買い物客に防火呼びかけ 落合方面隊・女性消防団員が初開催】

女性消防団.jpg

防火に対する意識の向上や女性消防団員の活動について知ってもらおうと、真庭市消防団落合方面隊(591人)に所属する女性消防団員(7人)が、11月12日、落合ショッピングセンターサンプラザの店頭で、火災予防の啓発活動を行った。

同方面隊では、5年前から女性団員が入団し活動。秋季全国火災予防運動期間(11月9日〜15日)に合わせて、店頭での啓発活動を今年始めて実施した。

女性消防団員のうち6人が、制服姿やキャラクターに扮して、店頭で啓発活動。世間話を交えつつ「タバコのポイ捨てはだめですよ」「住宅用火災報知器は、設置から10年が経過したら交換です」と、買い物客らに優しく呼びかけ、ティッシュやチラシの入った啓発グッズ100セットを配布した。

女性団員(35)=真庭市日名=は「広報啓発や訓練、式典などで年間6回ほど活動している。今後、一緒に活動してくれる女性消防団員が増えるとありがたい」と話していた。

真庭市消防団では、平成7年から女性消防団員が入団し、現在、23人が活躍している。
posted by 真庭タイムス at 17:21| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: