2018年12月13日

【ヒメノモチの杵つき餅 今季9トン目標・新施設で製造始まる】

ヒメノモチ2.jpg

きめ細やかで風味がよく、滑らかな舌触りが特徴の美甘産ヒメノモチ。年の瀬を迎えた12月、正月用餅の製造が始まった。

美甘では、2016年3月に廃校の旧美甘中学校を改修し、地域資源を活用した6次産業化拠点施設「シェア工房美甘」が、今春稼働。施設に入居する「美甘のもち屋」が、白餅や豆餅、しゃぶ餅などを製造販売している。

餅つき機や餅切り機が並ぶ工房では、従業員が、つきたての餅を丸めたり、袋詰めの作業を行い、1日に約5俵(300s)の餅を製造。電話やFAXで注文を受け付けているほか、市のふるさと納税の返礼品にも採用されている。

正月用餅の製造は、12月末頃まで行われ、約9dの製造を予定。
また、今年から新商品の「大吟醸ひめのもち」を販売。通常よりも2割以上、精米時間を増やしたヒメノモチ米を使い、非常になめらかで、のどごしが良く、純白の餅に仕上げた。商品は、真空パックに入っているので約2ヶ月間の常温保存が可能。正月用のほかに、旧正月用も受け付けている。
大吟醸もちセット.jpg

問い合わせ・申し込みは、美甘のもち屋(クリエイト菅谷 電話0867−56−2044、FAX56−7750)へ。
posted by 真庭タイムス at 09:00| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: