2019年01月23日

【福祉利用機材を真庭市へ寄贈・勝山病院 音楽同好会】

勝山病院.jpg
寄贈品の目録を手渡す竹内理事長(左)

勝山病院の職員を中心に20人でつくる音楽同好会「ラフォーレ勝山」は昨年12月16日、レストラン西蔵(勝山)で開催した「福祉チャリティーコンサート」の収益を利用し、福祉利用機材(15万円相当)を購入、1月17日、真庭市へ寄贈した。

市役所を訪問した勝山病院の竹内義明理事長が、太田昇真庭市長に、寄贈の目録を手渡した。
寄贈は、耳の聞こえにくい人が、聞き取りやすくする装置「対話用ヒアリングループ」1台と、車の座席に取り付けて使用する「ジュニアシート」35台(市内の園児のバス移動に使用)の2種。

今回で5回目の福祉チャリティーコンサートには、地元企業30社が協賛。約80人が参加した。

同好会代表の竹内理事長は「毎年、来場者が増えており、皆さんに喜んでもらっている。今後も続けていきたい」と話している。
posted by 真庭タイムス at 10:12| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: