2019年02月04日

【冬でも歩いて健康維持・湯原で「まんぽジム」】

湯原まんぽジム.jpg

冬場の健康づくりに取り組んでもらおうと、湯原地域の健康づくり委員会「いきいき湯原21会議」は、湯原ふれあいセンター(真庭市豊栄)の廊下やロビーを歩いてトレーニングする「まんぽジム」を今季初めて開催し、参加者が思い思いのペースで運動を楽しんでいる。

昨年12月18日から毎週火曜日と金曜日の昼と夜に開催し、事前申し込みした35人のうち、開催日ごとに25〜30人ほどが参加。3月22日㈮までの全26回を予定している。

参加者は、ロビーや廊下(1周100m)を5周歩くごとに、『ももトレ』(姿勢を正したまま膝を90度曲げて腰を沈めるスクワット)を10回実施。4セットのウォーキング(計2q)と、3セットの「ももトレ」(計30回)を1時間ほどかけて行っている。

いきいき湯原21会議の浜子尊行会長(68)は「雪が降ったり、凍ったりして、冬は歩くことが難しいが、屋内は天候に左右されず運動が続けやすい。楽しみながら健康づくりができるので、今後も続けていきたい」と話し、参加した女性(70)=真庭市豊栄=は「初回からほとんど毎回参加しているが、おしゃべりを楽しみながらできるし、数値も良くなっているから、参加して良かった」と話していた。

1月22日には、健康運動指導士が、健康寿命を延ばす体操やストレッチ「健幸貯筋体操」を指導。『ももトレ』の正しいやり方も指導した。

「まんぽジム」の参加者は、初回開催日と最終開催日に簡易血糖測定と体組成測定を実施し、運動効果を検証するほか、毎回開催時に体重や体脂肪の測定をしている。
posted by 真庭タイムス at 10:09| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: