2019年02月04日

【蒜山振興局内に図書館・3月開館に向け勝山高校蒜山校地の生徒が協力】

蒜山図書館.jpg
3月に蒜山振興局内に開館する「蒜山図書館」(蒜山下福田)に、1月24日、約1・5q離れた旧図書館(蒜山上長田)から書籍約7千冊(段ボール約350箱)が、運び込まれた。

新図書館は、振興局内のロビー約240uをパーティションで区切り、昨年7月から11月まで工事。貸出カウンターや読書スペース、書棚の整備を進めていた。

旧図書館を1月7日から閉館し、所蔵する3万2千冊の搬出準備をスタート。傷んだ本などを整理し、約2万1千冊を新図書館に運ぶ計画で、この日は、図書館を身近に感じてもらい、親しみを持ってもらおうと、勝山高校蒜山校地の生徒に呼びかけ、普通科3年生17人が協力した。

生徒は、図書館職員から本の並べ方について説明を受けた後、絵本、児童書、一般書の各コーナーへ、順番に書籍を並べていった。

図書館では、3月9日㈯の開館に向けて、今後も書籍やDVDの搬入、登録を行う予定で、司書の高橋佐加恵さん(48)は「高校生は、作業が丁寧で、手伝ってもらって、とても助かった。高校から近いので、開館したら、利用して欲しい」と話していた。

開館後は、振興局内の小会議室を学習室として開放する予定。利用可能時間は、【3月末まで】月曜・祝日休館、午前9時〜17時【4月から】月曜休館、午前9時〜18時。
posted by 真庭タイムス at 10:15| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: