2019年02月26日

【目木構のパフレット配布・目木構研究会】

真庭市目木地区にある施設「目木構」の保存や活用に取り組む住民有志「目木構研究会」は、施設の歴史や構造などをまとめたパンフレット(A3サイズ、両面カラー)を作成し、市内の観光案内所や公民館、図書館などで無料配布を始めた。

目木構は、江戸時代の大庄屋・福島家の屋敷跡で、壕で囲まれた約1万uの敷地に、現在でも長屋門や主屋、土蔵が残っている。

昭和27年には、養老院を開設。平成29年まで「真庭市養護老人ホームささぶき苑」として使われ、長屋門前に立つ、樹齢約650年のムクノキと共に、地域の人から親しまれている。

会ではこれまで、歴史的価値の研究や保存、活用を目的に、市民を対象にした講演会や現地見学会、ワークショップなどを開催してきた。

パンフレットには、目木構の敷地配置図や間取りなどを中心に、歴史やあゆみなどを紹介している。
目木構研究会では、施設の重要性や利活用について、今後も取り組みを続けていくとしている。

問い合わせは、豆原さん(090−3175−1513)まで。
posted by 真庭タイムス at 16:49| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: