2019年02月28日

【コミュニティバスまにわくん♡・運行状況をリアルタイムに確認可能に】

まにわくん.jpg

真庭市は、コミュニティバス「まにわくん♡」の運行状況を、リアルタイムに確認できる「バスロケーションシステム Bus・Navi」をこのほど導入し、3月から試験運用を始める。

これまで、バスの運休や遅延の周知に時間がかかったり、運行状況について市に問い合わせが多かったことから、利用者の利便性を考慮し、バスの位置を確認できるシステムを導入。幹線ルートの「新庄・久世ルート」、「北房・久世ルート」「蒜山・久世ルート」の3路線、計7台の車輌にGPS装置を取り付け、30秒ごとに位置情報を送信して地図上にバスの位置を表示させるシステムを構築した。

パソコンやスマートフォンなどから、路線やバス停の名前で検索可能で利用料は無料。

対象となる3ルートの利用者数は、平成29年度に約12万5千人。市は「公共バスの利用が少なくなると、運行が難しくなる可能性もあり、市民の方には今後も可能な限り利用してほしい」と話している。

現在、高校や駅、図書館などに、運用開始を知らせるカードやチラシを設置し、利用を呼び掛けている。
次のURLからアクセスできる。

http://maniwa.buslocakun.jp/smart/ja
posted by 真庭タイムス at 17:55| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: