2019年07月05日

【真庭の花で寄せ植え体験・北房小学校】

花の教室.jpg

真庭地域で栽培される花を、子どもたちに身近に感じてもらおうと、6月26日、「まにわの花アレンジメント体験授業」(真庭地域林業担い手育成確保対策協議会主催)が、真庭市立北房小学校(真庭市下呰部)で行われた。

野菜苗や花壇苗を栽培する佐藤農園(上水田)の佐藤裕司さん(36)が指導。自然科学クラブの4〜6年生、21人が花の寄せ植えを体験した。

児童は、佐藤さんに教えてもらいながら、鉢に園芸用の土を敷き詰め、ユーカリの葉やセンニチコウ、ニチニチソウ、コリウスなど7種類の草花をポットから出して植えつけた。

佐藤さんは「花を引っ張らないようにポットを逆さに向けて」「植え付けのバランスを考えて」などアドバイス。すき間に土を入れて完成させた。

花は、児童が自宅に持ち帰り管理。水やりを続けると秋頃まで楽しめるという。

6年の児童は「初めてやったけど上手に出来た。家の玄関に飾りたい」、4年の児童(9)は「家では、おばあちゃんが育てている花壇の花の水やりや草取りを手伝っている。今日作った寄せ植えも、大切に育てたい」と話していた。
posted by 真庭タイムス at 15:38| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: