2019年08月07日

【留学生招き児童と交流・真庭ロータリークラブの国際交流】

ロータリークラブ00.jpg

真庭ロータリークラブ(会員34人)は7月14日、岡山大学留学生6人と一緒に草加部小学校を訪れ、ゲームなどを通じて交流を深めた。

体育館には、児童や保護者、教職員、草加部幼稚園の園児、真庭ロータリークラブ会員ら約110人が集まり、留学生を歓迎。真庭ロータリークラブの向井王則会長は「海外の人と仕事をしたり、学校に通ったりする時代がすぐそこまで来ている。今日の交流を、日本以外の国の文化を勉強するきっかけにしてほしい」とあいさつした。

ロータリークラブ01.jpg

留学生は、出身国(台湾、中国、ドイツ、イタリア、イギリス)や大学で学んでいることなどを交えて自己紹介。体育館や教室には、射的や輪投げ、スーパーボールすくいなどの縁日で行われる遊びや、書道、箏、けん玉、お手玉、コマまわしなど、日本文化を体験するコーナーが設けられ、児童と留学生が、班ごとに分かれて体験した。

ロータリークラブ02.jpg

国際交流事業は、同クラブが1984年から続ける行事。毎年、会員の自宅で留学生がホームステイするほか、市内の各小学校で交流している。
posted by 真庭タイムス at 16:48| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: