2019年09月03日

【全国大会で1位・はしご登はんの部出場の真庭消防署隊員】

真庭消防署.jpg
消防隊員が救助技術を競う全国大会「第48回全国消防救助技術大会」が8月25日、岡山市中区の「岡山市消防教育訓練センター」で行われ、「はしご登はん」の部に出場した真庭消防本部の平島聖也さん(25)=真庭市開田=が1位の最優秀賞を獲得した。

大会(陸上の部と水上の部)には、全国の予選を勝ち抜いた消防隊員928人が出場。命綱を結び、垂直のはしご(15b)を登って早さと安全性を競う「はしご登はん」の部では、52人が競った。

出場選手の平均タイムが16秒台のところ、平島さんは13秒8のタイムで1位になり、最優秀賞を獲得した。真庭消防本部では、今回を含めて全国大会に4回出場しているが、1位に輝いたのは初。
posted by 真庭タイムス at 11:35| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: