2019年09月27日

【交通事故ゼロの目標掲げ出発・秋の交通安全県民運動】

交通安全02.jpg

県下一斉に行われる秋の交通安全県民運動(9月21日から30日までの10日間)に向けて21日、パトカーや白バイ、真庭市広報車の出発式が久世公民館で行われた。

真庭市交通安全対策協議会や交通安全協会、真庭市交通安全母の会、交通警察協助員など約150人が出席。交通安全功労者表彰や岡山県知事からのメッセージ伝達などが行われたほか、岡山県警察音楽隊が激励演奏を披露した。

期間中には、ドライバーや通行人に市内各所で啓発資材を配布したほか、シートベルトやチャイルドシートの正しい着用や安全運転の徹底、飲酒運転の根絶などを呼びかけた。

このほか、警察署員や関係団体、市職員、小中学校PTAなどが、市内の主要交差点などで、朝の街頭指導を行った。
posted by 真庭タイムス at 11:05| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: