2019年12月05日

【施設に温泉プレゼント・湯原温泉から市内3施設へ配湯】

いいふろの日.jpg
温泉を訪れるのが難しい高齢者にも、温泉を楽しんでもらおうと、真庭市湯原振興局は、希望のあった市内の特別養護老人ホーム3カ所に、11月26日、湯原温泉のお湯を無料配達した。

いい風呂の語呂合わせで、11月26日に実施。湯原温泉地内源泉から4トンの給水車で、緑風荘(美甘)、千寿荘(蒜山上長田)、花岡荘(上中津井)の各施設に運んだ。

花岡荘には午前10時頃、43度の源泉を積んだ給水車が到着。4つの浴槽に湯が入れられ、施設のデイサービスに訪れた76〜99歳までの17人が入浴した。

一度に5、6人が入れる大きな浴槽に、数人ずつ入り、温泉のお湯を楽しみながら世間話。山本ツル子さん(91)=上水田=は「ここ数年は温泉に行っていないので、湯原温泉のお湯に入れると聞いて楽しみにしていた。肌がつるつるになるし、いつまでも体がほこほこして、温泉は最高です」と喜んでいた。
posted by 真庭タイムス at 13:47| Comment(0) | 記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: