2018年11月30日

【買い物客に防火呼びかけ 落合方面隊・女性消防団員が初開催】

女性消防団.jpg

防火に対する意識の向上や女性消防団員の活動について知ってもらおうと、真庭市消防団落合方面隊(591人)に所属する女性消防団員(7人)が、11月12日、落合ショッピングセンターサンプラザの店頭で、火災予防の啓発活動を行った。

同方面隊では、5年前から女性団員が入団し活動。秋季全国火災予防運動期間(11月9日〜15日)に合わせて、店頭での啓発活動を今年始めて実施した。

女性消防団員のうち6人が、制服姿やキャラクターに扮して、店頭で啓発活動。世間話を交えつつ「タバコのポイ捨てはだめですよ」「住宅用火災報知器は、設置から10年が経過したら交換です」と、買い物客らに優しく呼びかけ、ティッシュやチラシの入った啓発グッズ100セットを配布した。

女性団員(35)=真庭市日名=は「広報啓発や訓練、式典などで年間6回ほど活動している。今後、一緒に活動してくれる女性消防団員が増えるとありがたい」と話していた。

真庭市消防団では、平成7年から女性消防団員が入団し、現在、23人が活躍している。
posted by 真庭タイムス at 17:21| Comment(0) | 記事

【真庭高校落合校地 訓練で防災意識高める・地域住民や小学校と連携確認】


防災訓練2.jpg

真庭高校落合校地は13日、地域住民や落合小学校と連携して「地域合同防災訓練」を開催した。

震度5強の巨大地震が発生し、社会科教室から出火したとの想定で訓練スタート。地震発生の放送が校内に流れると、普通科や看護科、専攻科の生徒、職員、計約250人が一斉にグラウンドへ避難した。

生徒は消火、救護、炊き出しなどの9班に分かれ、校内で防災体験を実施。約600b離れた落合小学校から、5・6年生の児童62人を生徒が誘導し、歩いて避難した。

地域住民約20人も加わり、水消化器を使った放水や、骨折した人の足を固定する救急法、毛布を担架の代わりにして人を運ぶ搬送体験、ひもの結び方を学ぶロープワークなどを行った。

防災訓練.jpg

参加した垂水向津矢住民会の小林淳一会長(75)は「今年の夏は大雨でこのあたりも大変だった。訓練は、応急処置なども学べ、地域や学校にも大切なことだと思う」と話した。

同校地では、高校生や職員の防災意識向上や、安全に行動できる能力、判断力を身につけてもらおうと、毎年訓練を開催している。
posted by 真庭タイムス at 17:18| Comment(0) | 記事

【14万球のLED点灯・北房に県内最大級のイルミネーション  12月15日㈯点灯式・北房ハート広場】

イルミ1.jpg
中国自動車道 北房インターチェンジ出口から西へ約500bの「北房コスモス広場」(北房上水田6328)に、12月15日㈯、14万球のLEDを点灯させるイルミネーション「真庭イルミネーションinハート広場ハート(トランプ)」(入場無料)がオープンする。

イルミネーションを使って北房や真庭を盛り上げようと、北房地域の有志でつくる「イルミっていいね!倶楽部」(山本美智夫代表、15人)が、毎年開催し、今年で3回目。11月初めから、地元の協力者約80人と共に毎週土日や祝日に準備を進めている。

約2000坪の会場には、2ℓや500㎖のペットボトルを約4000本使った、高さ10mのツリーや、全長70mの回廊など、23基のハートのモニュメントなどを展示。12月15日㈯18時の点灯式に向けて、細かな調整を行っている。
イルミ2.jpg

代表の山本さん(63)は「若い人からお年寄りまで会場に来てもらい、イルミネーションの灯りに癒やされて欲しい」と話している。

点灯は、2月14日㈭まで行われる予定で、時間は、17時半〜21時半まで。年末年始は、点灯時間を延長する。
期間中には、うどんやそば、コーヒーなどを販売する飲食ブースも設置するほか、12月23日㈰には、先着200人に、クリスマスプレゼントの配布などが行われる。
posted by 真庭タイムス at 15:56| Comment(0) | 記事