2018年05月17日

畑の野菜 大きくな〜れ!(苗の植え付け体験・木山保育園)

園児_定植.jpg
保育園で食べる野菜を園児たちが植え付ける体験が9日、真庭市下方の木山保育園で行われ、4、5歳児28人が土の感触を確かめながら、丁寧に野菜の苗を植えた。

園の裏にある畑(約25u)に、スイカやメロン、トマト、キュウリ、オクラなど9種類の野菜苗35本を、JAまにわの職員3人が配達。職員が「苗を裏返してポットから出して」「苗の根の部分にしっかり水をやって」などと、植え方を説明した。

園児は、約4bのマルチを張った畝に整列し、約30a間隔で開けた穴に苗を入れ、手で土をかけていった。
2、3歳児25人も、プランターに野菜苗を植えた。

野菜は、子どもたちが水やりや草取りなどを行い6月末頃から収穫予定。収穫した野菜は、園の給食などで使用する。

キュウリの苗を植えた園児(5)は「植えたキュウリが大きくなったら、塩やマヨネーズを付けて食べたい」と話していた。
posted by 真庭タイムス at 21:02| Comment(0) | 記事

2018年05月14日

【広告】名刺印刷キャンペーン・開催中!!

この春の名刺印刷キャンペーンは、もう試されましたか?

名刺の制作から印刷までを、お得なキャンペーン価格でご提供しています。

今月末までです。

名刺.jpg
posted by 真庭タイムス at 19:44| Comment(0) | 広告

2018年05月08日

交通安全に役立てて・トマト銀行が横断旗など寄贈

横断旗.jpg

交通事故防止を目的に、トマト銀行は4月20日、真庭市に横断旗100本と夜光たすき50本を寄贈した。

市長室を訪れたトマト銀行・難波和彦久世支店長が「真庭地域の交通安全のために役立ててほしい」と、太田昇真庭市長に目録を手渡し、太田市長は「交通安全のために有効に使いたい」とお礼を述べた。

市では寄贈を受けた横断旗を小中学校の通学路で活用するほか、夜光タスキを交通安全活動等で配布する。
トマト銀行は、昭和44年から県内の各市町村に毎年寄贈を続けている。
posted by 真庭タイムス at 11:07| Comment(0) | 記事