2018年09月25日

【湯原 庁舎移転に住民意見を・31年度の振興局整備に向けて】

湯原振興局4.jpg
老朽化が進む真庭市湯原振興局庁舎(真庭市豊栄、昭和26年建築、木造2階建)の移転などを計画する真庭市は、設計に住民意見を取り入れようと11日、住民を対象にしたワークショップを湯原ふれあいセンターで開催した。

既存施設の有効利用を前提に計画を進める市は、振興局に隣接する「湯原ふれあいセンター」に、振興局機能を移し、図書館や公民館機能を集約する計画。昨年9月には、住民説明会を開いた。
湯原振興局3.jpg
今年6月には、プロポーザル(企画、提案)形式により設計業者を公募し、株式会社ofa(兵庫県神戸市東灘区)の提案を選定。平成31年度の工事に向けて、3回のワークショップを開いて住民や利用者の意見を反映させる。

1回目の開催には、地元住民ら21人が参加。設計業者が、見通しの良い空間やカフェ・ギャラリー、ホール、親子で本を楽しめるキッズスペース、テラスなどを備えた設計イメージ図を示し、説明した。
湯原振興局.jpg
設計会社がプロポーザルで提示した資料の一部(イメージ図)

参加者は、5グループに分かれて「新施設でしたいこと」「こんな施設にしたい」「こんな湯原にしたい」の3点を、付せんに書き出し、それぞれ発表。参加者からは、「災害が発生しても避難所としてスペースを確保してほしい」「子どもや孫が遊べる場所に」「商工会や観光協会も集約できないか」などの意見が出された。ワークショップは、10月14日㈰と11月4日㈰にも行われる。
湯原振興局2.jpg
同時期に真庭消防署湯原分署は、現施設から南に約1q離れた湯原保健福祉センター(下湯原)に移設する。
posted by 真庭タイムス at 11:59| Comment(0) | 記事

2018年09月21日

【災害に備え手信号訓練・真庭警察署が国道交差点で】

信号誘導1.jpg
地震や台風などで信号機が使えなくなった時にも警察官の手信号で、スムーズな通行ができるように、真庭警察署は5日、勝山地内の国道と市道の交差点で交通規制訓練を行った。

交通課や交番勤務の署員8人が参加。信号を消灯させた後、20代の若手署員3人が順番に道路中央に置いた踏み台に乗り、笛を吹いたり、進行方向に両手を広げながら車両を誘導した。警察署に常備している発電機を使って、信号機を復旧させる訓練も行われた。

訓練に参加した久世交番勤務の巡査(24)は「交通量を見ながら、スムーズに通行できるようにするのが大変だったが、これからも訓練を続け、災害時には迅速に対応したい」と話し、交通課長の警部(40)は「災害時には、人命救助や物資輸送をスムーズに行うため、普段から訓練を重ねていきたい」と話していた。
posted by 真庭タイムス at 18:37| Comment(0) | 記事

【限定酒販売や試飲など・北房・蒲試造場】

落酒造.jpg
明治26年(1893年)創業の蒲試造場(真庭市下呰部)は、限定酒販売や試飲などが楽しめるイベント「秋の蔵開き」を9月23日㈰午前9時〜14時まで、同所酒蔵で開催する。雨天決行。

赤磐市赤坂産の契約栽培・朝日米や、カルスト地形から流れ出るミネラル分が豊富な、中硬水にこだわってつくる日本酒『大正の鶴』が有名な同酒蔵。当日は、蔵開きのためだけに造った「純米ひやおろし無ろ過原酒」(1・8g2800円、720_g1500円)を数量限定で販売するほか、8銘柄の日本酒を試飲、販売するコーナーを設置する。

6枚綴りのチケット(500円、オリジナルお猪口1個付き)を事前購入し、1〜3枚と交換して試飲を行う。

そのほか、グルメコーナーでは、北房ホタルうどん、北房キムチ、焼き鳥、ソフトドリンク、朝日米おにぎり、酒粕や酒粕を使ったピザ、ソフトクリームなども販売する。

会場では、午前10時半と13時10分の2回、酒蔵見学ツアー(各限定20人)を開催。酒蔵内ではミニコンサートの他、お菓子のつかみ取りなども行われ、子どもから大人まで楽しめるイベントになっている。
5代目 杜氏の落昇専務取締役は「初めての開催だが、地元の人に来てもらい、色々なお酒を楽しんでほしい」と話している。

自動車の場合は、真庭市役所北房振興局駐車場を利用し、徒歩約10分。真庭市コミュニティバス『まにわくん 』利用は、真庭市役所本庁舎(真庭市久世)を午前8時15分発、呰部9時11分着を利用し約56分。問い合わせは、落酒造場(0866−52−2311)まで。
posted by 真庭タイムス at 18:35| Comment(0) | 記事