2018年05月08日

樹皮燃料の熱風炉新設・10月稼働・昭和化学工業渇ェ山工場(蒜山上長田)

20180427_105006.jpg

建材や、ろ過助剤などに使う「珪藻土(けいそうど)」を採掘する昭和化学工業渇ェ山工場(蒜山上長田)は、製品製造工程で使う既存の珪藻土乾燥施設に、新たに木材の樹皮を燃料にした「バイオマス熱風炉」を建設し、二酸化炭素の排出量を削減する実証実験を始める。

1933年(昭和8年)創業の同社は現在、製品換算で年間約1万dの珪藻土を製造。既存ラインでは、液化天然ガス(LNG)を燃焼させて製品の乾燥を行っているが、バイオマス熱風炉の導入により、2割を樹皮燃料に移行させる。

樹皮は、水分量が多く効率的に熱量が得られないことや、繊維が多く、真庭バイオマス発電所の炉内で詰まりやすい事などから、使いにくいとされるが、前処理工程で樹皮を乾燥させたり、階段状の炉で燃焼させるストーカー式燃焼炉(1.5kW)を採用するなどして燃焼効率を上げる。

樹皮は、木材資源を供給する「真庭システム」から、年間約4000dの供給を受ける。

新施設の事業費4億円のうち、2億8千万円の補助を受け、平成32年まで実証事業として取り組む。

4月24日に工事の安全と事業の発展を祈願する地鎮祭が行われ、同社の石橋健藏社長は「真庭には、恵まれた資源がある。実証試験を経て、地域に貢献できるプロジェクトにしていきたい」と話した。

同工場の二酸化炭素排出量は、2022年には、2010年比で約50%まで削減できる見込み。

祓い.jpg

タグ:バイオマス
posted by 真庭タイムス at 11:04| Comment(0) | 記事

地域学ぶ「湯原学講座」・1年に10回の講座

湯原学講座.jpg

自分たちの住む地域について知ってもらう「湯原学講座」が2日、湯原中学校(下山洋校長、生徒数44人、真庭市久見)の3年生11人を対象に始まり、初回は、真庭市役所湯原振興局・片山誠地域振興課長が「湯原地域の現状と今後の課題」と題して説明した。

生まれ育った場所について知り、地域に愛着をもってもらおうと今年からスタート。片山課長は、高齢化が進む湯原地域の人口の変化や湯原ダム、温泉の歴史などについて紹介し、「今後、人口減少によって暮らしに影響が出てくる。若い人の定住と地域住民の方の地域を愛する活動が必要」と説明した。

講座を受けた生徒(15)は「人口や観光客が思ったより少なくなっていることを知った。今後は、ボランティア活動などに参加して地域の事に協力していきたい」と話していた。

講座は来年3月までに、『湯原トライアスロン』や『はんざき』、『社地区式内八社』など計10回の講義や活動を行い、理解を深める。
タグ:湯原
posted by 真庭タイムス at 10:50| Comment(0) | 記事

2018年05月02日

子どもたちの遊び場に・ツリーハウスの秘密基地

ツリーハウス.jpg
子どもたちに、自然の中でのびのびと遊んでほしいと、真庭市下河内の青木信治さん(66)は、自宅裏の木の上に、子どもたちが遊べるツリーハウス(小屋)を作り、5月5日から無料開放する。

今年2月、「秘密基地で遊びたい」と、近所の子どもたちから要望を受け、小さい頃に山や川で遊んでいた青木さんは「家の中より、外で元気よく遊んだほうがいい」と、基地の制作を快諾。20年前に植樹して高さ約15bに生育したケヤキの木が最適だと思い、ツリーハウスの制作を決めた。

地面から3bほどの高さに、古材などを使って床(幅1・8b×長さ3b)を張り、木製テーブルや丸太イス、手すり、古い看板を使った屋根を取り付け、手作りのブランコなどの遊具も設置した。大人なら6人、子どもは10人ほどが入れるハウスが完成した。

すぐそばを流れる久保谷(くぼや)川(幅約3b、水深約30p)には小魚が泳ぎ、川に入って遊ぶこともできる。
「キリタローひみつきち」と名付け、屋根には赤や青、緑などの水玉模様の彩りを加え、地域内外を問わず、子どもや大人が、誰でも楽しめる施設にしている。

青木さんは「遊ぶのは自己責任で」としながらも、「どんな事をしたら危ないかという事を、遊びや自然とのふれあいを通じて経験し、学んでほしい」と期待している。
問い合わせは、青木さん(090−2001−8645)まで。
posted by 真庭タイムス at 11:05| Comment(0) | 記事