2019年03月23日

【二川小学校 144年の歴史に幕・あす23日㈯ 閉校記念式典】

運動会の集合写真.jpg
児童数の減少により、平成30年度末で「真庭市立二川小学校」(真庭市種、稲岡三枝子校長、児童数13人)が閉校する。3月23日㈯には、在校生や卒業生、地域の関係者などが集まり、閉校記念式典が行われる。

二川小学校の前身として、明治8年に精錬小学校、明治10年に維新小学校がそれぞれ開校。その後、校舎の改築や増築が行われ、昭和29年には、湯原ダム建設により、精錬校と維新校を、二川村立二川小学校に統合した。

現校舎(2階建て鉄筋コンクリート造)は平成7年に建設。これまでに約3500人以上の卒業生を輩出してきた。
昭和35年の277人をピークに児童数は、昭和40年頃から徐々に減り続け、平成15年以降は20人を下回っていた。
市教育委員会は、平成22年1月、真庭市学校整備推進委員会から答申を受け、学校規模の適正化と教育環境の向上を図る目的で、翌年「真庭市立小・中学校適正配置実施計画」を策定。これに基づき、湯原小学校への統合が計画された。

隣接する二川保育所は、昨年3月末で閉園。二川地域では、小学校の閉校に伴い平成29年9月、区長会や地域づくり委員会、PTA、公民館、老人クラブなどが「閉校・閉園記念事業準備委員会」を立ち上げ、記念式典や記念誌制作、記念碑の設置などを計画。児童も、今春から通う湯原小学校との交流学習を続けてきた。
3月19日には6年生3人が卒業。在校生は10人になった。

あす午前10時から体育館で行われる閉校式では、実行委員長や学校長、市長があいさつ。校旗返納や校歌斉唱などが行われる。

午前11時からは、小学校運動場で、記念碑の除幕式も行われる。
posted by 真庭タイムス at 00:00| Comment(0) | 記事

2019年03月16日

【2階建て新事務所完成・真庭森林組合本所 落成】

森林組合2.jpg

老朽化により昨年8月から、建て替え工事が行われていた真庭森林組合本所(真庭市勝山)が、今年1月末に完成し、3月1日、森林組合や木材関係者、工事関係者、近隣住民など、約60人が出席して落成式が行われた。

式典では、真庭森林組合(組合員数約6200人)の鳥越康生組合長が「歴代の組合役員や職員の努力、組合員の理解があって新事務所が完成した。今後も、真庭地域の森林行政の一端を担いながら、地域の発展に寄与していきたい」とあいさつ。建設にあたり、功績のあった工事業者に感謝状を贈った。

新築に伴い組合は、旧事務所に隣接する岡山県森林組合連合会の土地(約807u)を取得。新事務所(2階建、延べ床面積648u)は、CLT工法・一部大断面木造工法を採用し、壁や床など、約75%に真庭産スギのCLTを使用したほか、ヒノキの集成材などをふんだんに使って建設。新たに太陽光発電を2階屋根に設置して売電するほか、事務所や小会議室には、床暖房を整備した。
森林組合1.jpg
2億3千7百万円の総事業費のうち、7千万円は、環境省の「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(木材利用による業務用施設の断熱性能効果検証事業)」の補助を受け、今後3年間にわたり、CLTの断熱性能や快適性、省エネルギー性能などの数値データを取得する。
posted by 真庭タイムス at 00:00| Comment(0) | 記事

2019年02月28日

【勝山のお雛まつり・町並み保存地区150軒に展示】

【2月28日は前夜祭 ※写真はこれまでのもの】
ひな5.jpg

ひな4.jpg

ひな3.jpg

ひな1.jpg

ひな2.jpg

勝山町並み保存地区から新町商店街の約1q区間の民家や商家の軒先に、お雛様を飾る「勝山のお雛まつり」(同実行委員会主催)が3月1日㈮から5日㈫まで行われる。

開催期間中は、江戸時代から代々受け継がれたお雛様や平成雛、手作り雛が、道沿いの家々約150軒に展示され、市内外から大勢の観光客が訪れる。

お雛まつりの写真を募集する「写真コンテスト2019」も同時開催(募集期間は、3月7日㈭から3月31日㈰まで)。

また、同実行委では、昨年3月に20周年を記念して開催した記念事業(琴の演奏や歴代商工会女性部創作雛展、尺八演奏など)を収録したDVD(約40分、1700円税込み、限定500枚)を、2月4日から販売している。
このほか、5カ所のポイントを巡ってスタンプを集める、スタンプラリーも開催する。

問い合わせは、勝山観光協会(0867−44−2120)まで。
posted by 真庭タイムス at 18:10| Comment(0) | 記事